リモサボン

リモサボンの成分と安全性は?赤ちゃんの衣類に使っても大丈夫なの?

リモサボンって何を使っているの?
その成分は安全?
赤ちゃんの衣類を洗っても大丈夫!?

 

よき牛
よき牛
またペットの皮膚は人間の皮膚の1/3しか厚みがないというデリケートなもの。洗剤も慎重に選びたいですよね?

ということで今回は、リモサボンを2年程使った筆者が『リモサボンの成分と安全性』を調査しました。

 

これを読めばリモサボンは安全なのか使うか迷っている方も、納得して使用することが出来ます。

リモサボンの成分と安全性を調査

リモサボンの成分と安全性を調査

品名:洗濯用合成洗剤

用途:綿・麻・合成繊維用

液性:中性

成分:界面活性剤

(27%ポリオキシエチレンアルキルエーテル

ポリオキシエチレンアルキルエーテル脂肪酸メチルエステル

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩)

安定化剤

アルカリ剤

※表示は含有量の多いものから順に記載

界面活性剤とは?

界面活性剤とは?

界面活性剤は、界面(物質の境の面)に作用して、性質を変化させる物質の総称です。

特徴である4つの作用「浸透作用」「乳化作用」「分散作用」「再付着防止作用」により汚れを落とす働きをします。

そしてリモサボンにはその界面活性剤が3種類が使われています。

ポリオキシエチレンアルキルエーテル(AE)

非イオン(ノニオン)界面活性剤として最もポピュラーな洗剤で、現在では日用品や工業用として広く活用されています。

これまでの界面活性剤と比べて水になじみやすい性質があり、『すすぎ1回』で済む洗濯洗剤のほとんどにこの成分が使われています。

皮膚刺激がほとんど無く、極微量でも強力な洗浄能力を持ちます。

ポリオキシエチレンアルキルエーテル脂肪酸メチルエステル(MEE)

こちらも刺激性が少なく安全性に優れており、衣料用洗剤の主要成分としてよく使用されています。

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩(LAS)

安定した洗浄力で価格も低いことから家庭用合成洗剤の主力界面活性剤として、広く使用されています。

リモサボンに含まれるその他の成分

安定化剤

液体洗剤が凍結したり、洗剤の成分が分離しないようにしてくれる役割があります。

アルカリ剤

油・皮脂・タンパク質汚れに強いので、汚れを落としやすくしたり、配合された酸性成分を中和して適正な液性にする役割があります

リモサボンの成分

このようにリモサボンに使われている成分は安全性が高く、大切なペット用品にも安心して使える洗濯洗剤ということがわかります。

またその洗浄力は洗浄力測定試験において、市販の洗濯洗剤と遜色ないことが証明されています。

リモサボンは赤ちゃんの衣類にも使えるの?

リモサボンは赤ちゃんの衣類にも使えるの?
よき牛
よき牛
結論から言うと、安心して使えます。

主に使われている界面活性剤自体が低刺激性であることと、余計な添加物も入っていないからです。

リモサボンは中性で着色剤・蛍光剤が使われていない

リモサボンは中性・無着色・蛍光剤なし

リモサボンは中性で洋服へのダメージが少ないため、おしゃれ着洗いにも使用できます。

また『着色料』や『蛍光剤』も配合されていません。

着色料とは?

洗剤の着色料は本来、衣類の黄ばみを目立たなくさせたり、色落ちを防ぐ為に使われます。

蛍光剤とは?

蛍光剤は紫外線を吸収して、青白い光を発することで、衣類が輝くように白く見せる効果があります。

洗濯を繰り返して黄ばんできた衣類の白さを取り戻す方法として、この蛍光剤入り洗剤の使用があげられます。

一見、メリットにも感じますが、これらの合成化学物質は皮膚に刺激を与えることがあり、赤ちゃんや肌が弱い方には注意が必要な成分です。

 

特に蛍光剤は、体内に入ると危険性が高いので、肌や口に触れる一部の製品には使用が禁止されています。

リモサボンは赤ちゃんの衣類にも安心

「リモサボン」には『着色料』や『蛍光剤』など危険性のある化学成分が配合されていないので、ペット用の衣類や赤ちゃんの衣類にも安心して使用することができるのです。

 

 

ここまでで分かる通り、リモサボンは肌や衣類への負担になるような成分が含まれていないので、一般の洗剤を使用していたの時には感じなかった、衣類の黄ばみなどが気になってくるかもしれません。

よき牛
よき牛
そこでリモサボンと併用して使える漂白剤もご紹介します。

リモサボンと一緒に使える安全な漂白剤

リモサボンと一緒に使える安全な漂白剤

「リモサボン」は一般の洗濯用洗剤と同じく、中性タイプの液体洗剤です。

漂白剤には【塩素系・還元系・酸素系】のものがありますが、中性洗剤と併用できる『酸素系漂白剤』を使うようにしましょう。

塩素系や還元系漂白剤と合わせて使うと、有毒なガスが発生することもあるので、絶対に使用しないでください。

酸素系漂白剤の特徴

酸素系漂白剤の特徴

酸素系は塩素系より漂白力は劣りますが、基本的に繊維を傷めることなく汚れを落とすことができます。

また色柄物の衣服でも衣服自体の色を残して、黄ばみや食べこぼしなどの汚れだけを落ちやすくすることが出来ます。

除菌・殺菌力もあります。

酸素系漂白剤のメリット
  • 繊維へのダメージが少ない
  • 色柄物にも使える
  • 塩素系のツーンとした臭いがない
  • 除菌効果、消臭効果がある
  • 40℃以上のお湯を使うと効果的

代表的な酸素系漂白剤

  • ワイドハイターEXパワー(花王)
  • オキシクリーン(グラフィコ)
  • 酸素系漂白剤(シャボン玉石けん)
  • 過炭酸ナトリウムの激落ちくん 粉末タイプ
  • パックス 酸素系漂白剤(太陽油脂)  など
created by Rinker
ワイドハイター
¥360
(2021/07/31 07:53:16時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
PAX(パックス)
¥684
(2021/07/31 07:53:19時点 Amazon調べ-詳細)

リモサボンと酸素系漂白剤を上手く組み合わせて使うことによって、快適なお洗濯を実現できますよ。

リモサボンは赤ちゃんの衣類にも安心設計

リモサボンは赤ちゃんの衣類にも安心設計
  1. リモサボンに主に使われている界面活性剤は低刺激性
  2. 着色剤や蛍光剤などの余計な合成化学物質も無添加

 

「リモサボン」はペットの毛を付きにくくする効果があるので、特殊な成分が入っているのでは?と心配になった方もいるかもしれません。

 

かくいう私もその一人。

 

ただこうして調べてみると、使われている成分は低刺激性で、着色料や蛍光塗料も配合されていない安全性の高い洗濯用洗剤ということがわかりました。

赤ちゃんの衣類にも使用することができるので、家族全員で安心して使うことが出来ますね。

 

リモサボンでペットの抜け毛の悩みから解放されて、精神的な負担が軽くなり、ペットとのふれあいの時間も思いきり楽しめるようになれるといいですね。

ABOUT ME
よき牛
RichLifeでは、私自身が経験してきたことや好きなことを通して「人に役立つ情報」を発信していきます。 猫・家電・美容など